100list.png

今年の大きな目標は「めげない&楽しむ」なので、5月ですが今年の目標100を公開しようと思います。5月なんてまだ1年の前半なんで、全然めげてません。めげてないめげてない。

まずは、この記事を公開することによって

  1. 100リストを作って公開する

という目標を達成したので、のこり99個を以下に並べてみます。 既に開始してるものも達成しているのもあるけど(゚ε゚)キニシナイ!!

美容・健康系

  1. かっさで小顔マッサージする
  2. 夜は炭水化物食べない
  3. 暖かい季節は週1くらいでプールに行く
  4. マイトレーナーズはじめる
  5. 近所の銭湯に月数回行く
  6. サウナ&アカスリに隔月以上の頻度で行く
  7. マッサージはたまに行く
  8. 1分プランクorスクワットを毎日続ける
  9. 鍼に行ってみる
  10. ラブレ(鉄分プルーン味)飲み続ける
  11. 歯医者に定期的に通う
  12. 洋服の断捨離
  13. パーソナルスタイリスト(orおされな友達)に服を見立ててもらう
  14. クローゼットのはがれかけたラベルを修復する
  15. 婦人科健診を受ける
  16. 糖質オフでおいしいもの探す
  17. 体を温めることを意識する
  18. 爪をケアする

技術系

  1. 自力で個人ブログデザインをリニューアルする
  2. 技術的な学びを、たまにでいいので技術ブログかQiitaに投稿する
  3. Automater, IFTTT, Zapier など自動化ツールをガンガン使う
  4. ひとりSlackにBOTを導入
  5. AWSブログの料金を最適化する
  6. AWSブログ、自動バックアップの仕組みを作る
  7. Google App Scriptで、メールアラートシステム作る
  8. Google Data Studio 活用する

勉強系

  1. 某資格取得
  2. GAIQ取得
  3. GTEC検定受けてみる
  4. 英語を頻繁に使う
  5. プライム会員月一冊無料の読書をうっかり無駄にせず、毎月何か読む
  6. 欲しい本は買う
  7. 毎日本を少しずつでいいので読む
  8. 読んだ本のメモをSlackに書く
  9. あの件の書籍化の足がかりを作る
  10. 0秒思考アナログメモ続ける
  11. 他人の目標を考える会に参加する

メンタル系

  1. ひとりSlackに日記や、健康ログ書き続ける
  2. ちょいちょいブログ書く
  3. (これからも)オープンなオンラインでは愚痴らない
  4. 継続したい活動については、うっかり何日か忘れてもめげずに淡々と再開する
  5. 新月の振り替えりを続ける
  6. フィジカル・メンタルの不調に敏感になり、適切な対処をする
  7. 過剰に心配しない
  8. 夜遅くなる日は週2を目標に

エンタメ・旅行・欲しいもの系

  1. 快適読書スペースを自宅内に作る
  2. Nintendo Switch & Splatoon 2 買う
  3. 大久保 桜華楼で中華ディナー食べる
  4. 溜池山王 木都里亭で和食ビュッフェ食べる
  5. 東京ドームホテルビュッフェ食べる
  6. USJに行く
  7. 台湾に長めに滞在。お仕事もする
  8. 近場の温泉行く 蒲田?熱海?
  9. ハワイアンズ行く
  10. はとバスツアーに行く
  11. お目当ての選手が出場している楽天戦を見に行く
  12. お目当ての選手が出場しているロッテ戦を見に行く
  13. 通いたいと思える美容室探す
  14. 星野源の公式発信コンテンツはだいたい買う
  15. 星野源のライブ行く
  16. カラオケ行く
  17. 英語の料理教室行く
  18. 劇団四季見に行く
  19. 演劇を何か見に行く
  20. フエルサブルータ見に行く
  21. オリジナル動画作る
  22. VR体験する
  23. 毎日ウクレレに触る
  24. EOS Kiss X7 の機能を使い倒すための日を作る
  25. 1クール1本は何かのドラマを追いかける
  26. Pebbleに代わって愛せるスマートウォッチを見つける

お金系

  1. 通信費を最適化する
  2. 保険を見直す
  3. 定期購読系見直す
  4. クレカの乗り換えを検討する
  5. THEO使ってみる
  6. Amazonの定期オトク便を活用する
  7. 外貨を貯める
  8. 投資信託リバランスする
  9. メルカリでいろいろ売る

仕事・生産性向上・働き方系

  1. 海外で何かの展示会に行く
  2. 海外1週間以上滞在して、現地から仕事
  3. プレゼンリモコン買う
  4. 文章力を上げるための本を読んで実践する
  5. プレゼン術の本を読んで実践する
  6. いろんな働き方してる人の話を聞く
  7. 変わった場所から働く
  8. オウンドメディア勉強会の分科会やる
  9. ↑とは別トピックの勉強会をやる
  10. 困ったら、詳しそうな人にさくさく聞く
  11. Pay forward! 頼まれごとにはていねいに対応
  12. 毎日社外の人5人以上と話す

むすめと系

  1. むすめが国語・算数ドリルやってる間、私も英語の問題集をやる
  2. むすめとディズニーランドorシーに行く
  3. むすめと二人旅
  4. むすめがやりたいといったことをなるべく多くいっしょにやる
  5. むすめが英語に触れる場を作る
  6. むすめといとこちゃんたちと旅行に行く
  7. むすめの教科書を読む

@Press さん主催の広報セミナー「エン・ジャパン流!社内外に効くコーポレートブランディングとは」に参加してきました。

en01.jpg

今回の登壇者は、エン・ジャパン株式会社のAKB大好き&ワーママ広報の森本さん。元営業ならではのメディア開拓力&提案力(営業出身広報が気をつけていること。―広報マーケアドベントカレンダー #仕事論 - ensoku!(エンソク) 記事参照)と、大量の調査リリース配信(4/27だけで3本!)がホントすごくて、ワーママ仲間として陰ながらロールモデルにしている広報のひとりです。

今日のテーマは「社内外に効くコーポレートブランディング」ということで、人材業界というレッドオーシャンな中、昨年だけで3000もの記事露出獲得や、オウンドメディア「en soku!」でも社内外に会社のストーリーを届けていくためのノウハウを森本さんからたっぷり伝授いただきました。あと、背中を押してもらえるような、元気をもらえるような内容でした。

以下、個人的に刺さった内容をメモしときます。

広報として自分のパーソナリティーを知ってもらうことは大事

ということで、冒頭は森本さんご自身のパーソナリティーがうかがい知れるエピソードのお話でした。AKBと日本酒を愛する5歳のむすめちゃんがいるワーママ、時短勤務中。

この、自分のパーソナリティを知ってもらうことについては、昨年11月の@Press主催のトレタ 田さんのセミナー(トレタ田さんの「自分の頭で考えよう!」な広報術セミナーを聞いて持ち帰った学びを共有するよ)で話していたことに共感してやってみたそう。日々付き合う社内・社外のかたに自分ってどんな人間か認知してもらうって大事ですね。話しのネタになるしね。

理念から繋がるサービスの価値を、一貫して伝え続けること

エン・ジャパンの事業スタンスは「入社後活躍」。つまり求人系サービスとして入社して終わりではなく、その人材が転職先で活躍するところまで行くところに価値があると考えられているそう。

その理念は、社員を通して、サービスまで一気通貫しています。

en02.jpg

「会社の理念 ー> 理念に共感する社員を採用 ー> 理念を体現したサービスを作る」

会社の考える理念、そしてそれがサービスにどう生きているか、これらを一貫してメディアに伝え「続ける」ことが大事。そして、伝え続けた結果「入社後に活躍するために」という言葉が記事に入っているの見ると、伝わっているなと嬉しく思うという話、広報としては深く共感します。

エンジャパン広報三つの強みとは?

1. 「自社のネタに誰より詳しい」

いきなり、刺さりますね。。広報たるもの、自社のストーリーやサービスについて広く深く知り、いろんな引き出しを持っていなければいけません。

森本さんが、例として出していた以下の2点。すぐに思い浮かぶでしょうか?

  • 会社の営業やエンジニアが一番関心あることってなんだろう?
  • 今日のランチで何が起きていた?

森本さん流の社内情報収集術は、営業の日報チェックや他部署の人とランチ、それと単に社内をうろついて話を聞いているとのこと。

と考えると、弊社シックス・アパートはSAWS(場所・時間とも自由裁量で働ける制度)で居場所がバラバラなので、みんな、何してるか、わからん......!ので、私はたまに広報ブログで社員インタビュー(地方在住の外部スタッフだったエンジニアが、リモートで働く正社員に。「住むところも働き方も変わっていません」 など)したりして、聞き出しています。あと、他チームのSlackをのぞき見ています。

2. 「営業出身」

営業ならではの、「新規開拓、事前準備、ヒアリング、リピート営業、関係構築」と言った営業ノウハウは、広報にそのまんま活かせるとのこと。

森本さんの元営業のノウハウを活かした広報術は、この記事に詳しいですね。「営業出身広報が気をつけていること。―広報マーケアドベントカレンダー #仕事論 - ensoku!(エンソク)

これは本当にすごい。営業マインドは広報には必須だなあと森本さんを見ていて思います。私には全く足りない部分。なので正直、ずっと苦手なことから逃げていましたが、今年は少しは営業マインドを持ってがんばろうと気合いを入れています。

3. 「社内の協力体制がある」

広報あるあるなのが、11時に問い合わせがあって「夕方の番組で使うので、13時までにコメントください」。

こうなったらもう、社内関係者に目の前の通常業務をすっ飛ばして取材のために緊急対応してもらわねば間に合いません。広報の意義が社内に浸透していない場合、目の前の業務が最優先で、広報活動への協力はもらいにくくなります。

だからこそ、日頃から「広報は味方」と思ってもらえるように、社内でコミュニケーションしているそうです。その技のひとつは、全社員への定期メール。メディア掲載情報や業務への活かし方、取材協力者を称賛と言った業務的な内容に加え、ここでも広報の人柄を知ってもらうための自分のエピソードを入れたりして読み物的にしているそうです。面白そう。私もエンの社員じゃないけど読んでみたい。

なお、シックス・アパートは、特別なことは何もしてないけれど、皆さん広報活動に協力的でとても助かります。ありがたいです。

社員のエンゲージメント向上&採用広報に寄与するオウンドメディア「en soku!」

そして最後は、社内ネタを社員と求職者に向けて発信する系のオウンドメディア「en soku!」のお話でした。

「エンで働く社員が自社に興味・関心を持ち、家族や友達に自慢出来るように」を目的に運営しているそうで、広報を中心に社内に数百名のレポーターがいて毎日更新しているそうです。

外から見た会社のイメージ(真面目そう?激務?トップダウン?そもそもあまり知らない?)と、本当の会社の実態(社員仲良し、ボトムアップ、若手抜擢、ワーママ、出戻り社員多い)のギャップを埋めるようなコンテンツを出しています。

このメディアの取材を受けた社員からの声として「実家の両親に働いてる姿を見せることが出来て安心させることが出来ました」「取材のおかげで、これまでのキャリアに関わってくれた人に感謝したい気持ちに」などがあったとのこと。

また、採用広報としては、中途入社社員の81%がen soku! を読んで志望度が挙がったそうです。入社前に社内の雰囲気や社員のイメージができるのは好印象なのですね。

コンテンツは、レポーターを信頼し広報チェックは無しで公開(広報ももちろん目を通し、NGな箇所は修正しているそうです)。社員が読みたくなるコンテンツ作りがポイントだそうです。

社員が読みたくなるコンテンツ作り。社員が読みたくなるコンテンツ作り。。。うちも、がんばります。

まとめ

というわけで、エン・ジャパン森本さん広報セミナーレポでした。

iOS の自動化ワークフロー作成アプリ「Workflow」のレシピを共有します。このアプリ、最近 Apple が買収して無料になりました

アプリのダウンロードはこちら。

作ったワークフローは、「背面カメラで撮った写真を、Dropboxの指定のディレクトリに保存」するもの。名前は安易に「dropbox camera」としています。

ワークフローのリンクはこちらです。 https://workflow.is/workflows/617540495e464c95b0349d59adf38d9b

作った理由

残しておきたい書類は、 ScanSnap ix100 を使って全てスキャンして、Dropbox 内の /ScanSnap/ というフォルダに保存しています。外出先などスキャナを持っていない状況のときは、せめてスマホのカメラで書類を撮影した画像を同じフォルダに置いておきたい。というわけで、作りました。

ワークフローの中身

workflow.jpg

[Take Photo] 枠では、背面カメラで写真を1枚撮るという動きを指定。

[Save File] 枠では、Dropbox の指定フォルダ(この場合は、 /ScanSnap/ )に画像を保存する動作を指定しています。

ワークフローの実行の仕方を設定

で、このワークフローをどう実行するかを決めます。

このワークフローを、アプリにするか、ウィジェットにするか、エクステンション(シェアするボタンに出てくる)にするかを選べるのがすごいところ。

setting.png

今回はアプリにしてみました。

app.png

使い方

ざっくり言うと、アプリを立ち上げる、撮影する、その写真でOK なら [Use Photo] 押す 、Dropbox保存される。おわりです。

[Use Photo] しているところ。 usephoto.png

[Use Photo] すると、Dropbox へ保存中を示すプログレスバーが進みます。 saving.png

簡単だ!

まとめ

WorkFlow 便利です。他にもレシピ思いついたら共有します。

広報マーケティング Advent Calendar 2016の11日目、ことぶき(@kaoritter)が担当します。ひとつ、よろしくお願いいたします m(_ _)m

さて、広報の皆様は取材を受けたり、企画作って提案したり、寄稿したり、メディアに取り上げていただくために日々奔走しているかと思います。自分の活動の成果として公開された記事について、どんな定量評価をしていますか?

広告費換算というのもよく聞くのですが、編集記事に対して「広告換算」は失礼な気がしたり、広告じゃないのに大きな金額を積むのも違うよねえと納得いかず。

かといって、露出した記事数で見る、というのも違和感があります。リリースからのニュース記事、広報が仕掛けた取材記事、予算をかけた広告記事、寄稿記事、こちらの知らぬところで自社や製品について触れてくださった記事、それらの自動転載記事、それぞれ価値は全く違います。大手メディアの記事は、多くのポータルなどに自動転載されますが、それら転載記事で掲載「数」だけを増やしてみても、あんまり意味はありません。

というわけで、私はメディアカバレッジまとめシートに、いくつか追加のフィールドを設け、記事のタイプ毎にポイントを割り振って定量評価しています。

データを追加していく [記事リスト] シート

日付、トピック、記事種別、記事タイトル、URL、like数、媒体名、記者名、備考の順で並んでいます。日付が年、月、日、年月日の4フィールドに分かれているのは、ピボットテーブルでの集計やソートに便利だからです。年、月、日の3つのフィールドを入力すれば、年月日はDATE関数が自動で作ってくれるようになっています。

普段は記事が公開されるたび、ここに追記しています。

割り振るポイントを決める [記事種別の定義] シート

次のシートが、ポイント付与基準を記載しておくマスターテーブルになります。記事種別名、概要、ポイントの順で並んでいて、種別毎に、自社基準の露出価値に応じて1〜20くらいのポイントを振っています。下の例はサンプルです。ニュース・レビュー・寄稿・言及のみ・取材・転載、と分けてみました。

ここのポイント決めが肝で、広報活動の目的によって各社毎に異なるものです。どういうタイプの露出に対してポイントを付与する/しないは、メディア露出の量や傾向、そして広報活動の目的ごとに決まります。テンプレートでは記事の種別(ニュース・取材・寄稿など)で分類しましたが、他にも、内容のポジネガ、メディアの種別(TV、新聞、Web、講演など)や規模、テーマごとといった切り口もあるでしょう。自社ならではの切り口を見つけて、価値が高いものには高い点数を、ほどほどのものにはほどほどの点数をつけていきましょう。

集計用ピボットテーブル

そして、集計用のピボットテーブルの入ったシートです。各月、記事種別毎にどれだけの数の露出があったのかのテーブル、そしてその右側には件数*種別毎のポイント数を掛け合わせた数字をまとめたテーブルがあります。

下の埋め込みスプレッドシートの右側をスクロールしてご覧ください。 このサンプルの場合だと記事数は11月は4件、12月は2件でした。ポイントでは11月が25点、12月が15点になっています。

このほかにも様々な切り口でピボットテーブルを作ることで、時系列や、前回のリリース時、トピックごとの露出量と傾向の把握と目標設定に役立ちます。

テンプレート共有します

ダミーデータ入りのテンプレートを、Google スプレッドシートで作りました。

メディアカバレッジまとめ テンプレート

リンク先のテンプレートをコピーして、ご利用ください。付与するポイントに関しては、ぜひ御社オリジナルで作ってみてくださいね。

このシート、使ってみたよ!って方がいたら、@kaoritter まで教えてください。喜びます。

後半のアドベントカレンダーも楽しみにしています

というわけで、広報マーケティング Advent Calendar 2016、11日目でした。

一個前のベンチャー広報きよしさんによる、「広報にはアウトプット力が足りない気がする:広報LT大会をやってみて」記事、いいこと書いてありましたね。

悩んでいることでも失敗したことでも何でもいいんです。
経験は、アウトプットしてはじめて知識になります。

そして一人ひとりの経験が広報業界全体のノウハウになっていく。
私はそう思っています。

広報だからってメディアにばっかりプレゼンしてないで、その先の読者や仲間にも直接語りかけてもいいと思うのですよ。広報マーケティング Advent Calendar 2016、後半まだまだ余裕有ります。広報の参戦をお待ちしています。「広報マーケティング」アドベントカレンダーなので、マーケの人も大歓迎です。

明日の分は、りっちゃ(@r1ccha)さんが書いてくれるということで一安心です。13日目以降の執筆者も楽しみにしています。

最後に、この記事の執筆に当たってご意見やヒントをくださった、本アドベントカレンダー企画主催の加藤恭子さん、ありがとうございました!

20161207184225.jpg

一年半くらい毎日使い込んだ私のPebble。この数週間、調子が悪くなってきたのか、何度もこのSOS画面を出してきた。そのたびにファクトリーリセットからやり直して、だましだまし使い続けてきた。

たくさんの友達に「Apple Watchより、ずっといいよ(個人の感想です)」ってPebbleを紹介して何人かの人が買ってくれて、ウォッチフェイスもアプリもベルトもカスタムして、毎日愛用してた。私なりに応援してきた。

今日、Fitbitの買収により会社は解散、後継機の出荷もキャンセルになったと知った。Pebbleは、終わった。

さっき気づいたらまたSOS画面になっていた。悲しくて、もう再セットアップする気力もなくて、数時間ほど放っておいたら、私のPebbleはいつの間にかブラックアウトしていた。SOSを何度も出してくれていたのに、助けられなくて、ごめん。

これからも、好きなものは好きって言おう。ガンガン使おう。それをたくさんの人に紹介しよう。ちゃんと売れて、長く使い続けられるよう、応援しよう。

大好きだったよPebble。

@PRESSさん主催の広報向けの勉強会『自分の"得意"を活かそう。自発型広報セミナー』に行ってきました。

スピーカーは、飲食店のオンライン予約サービスを運営するトレタ社の田さん。広報の常識にとらわれない独自の活動(田さんワールド全開な「毎日ひとし : TORETA(トレタ) ブログ」とか、自分の言葉で好きを遠慮なく発信してキャラ立ちしまくってるSNSの活用とか、広すぎるメディア・広報人脈とかとか)で、トレタの認知&イメージ向上とたくさんのメディア露出につなげている、いま一番尊敬する広報の一人です。

彼女のたぶん初?かそれに近い、広報術ダダ漏れセミナーと言うことで、行くしかない!と参加してきたので、学びをいくつか共有します。

参加したからには、「実践できるネタを持ち帰ろう」が会のゴール

本編の広報術の話を始める前に、前置きとして彼女が話したのが「今日のゴール」のお話でした。

いわく、三千円のセミナーなんだから三千円の分の何かを持って帰って欲しい、と。それは「明日、すぐ実践できるなにかを3つ見つけること」。他の多くのセミナーでは、先進的な事例を聞いて「いやあ、それは御社だから(予算あるから、得意な人いるから、すでに実績あるから)できるよね。うちは無理」で、何も実践につながらないのは、もったいないよね、ということだそうです。 ※ここで突然宣伝ですが、わたしが主催しているオウンドメディア勉強会も全く同じコンセプトかつ、参加者全員が議論に参加というスタイルです。時間使って参加して持ち帰るものなかったら、意味ないよね、に心から同意します。

田さんのやり方は、ありがちな広報活動を疑わずそのままやることではなく、一旦自社や自分にとって価値あるか考えて、アレンジしたり独自のやり方を見つけて実践していることが多いです。

つまり、田さんのやり方は、自分で考えてきた、トレタだし彼女だからできること。だからこそ、「それを、自社&自分だったらどうするか考えながら聞いてね」という思いが詰まっているのが、入場時に配られたこの紙です。手書きのコピー。めっちゃアナログ。暖かみがある。

kami.jpg

  1. 日付と場所とタイトル書く場所
  2. このmemoで残したいものBest3
  3. memo・議事
  4. 左のmemoから思いついたアイデア・タスク・疑問

という構成です。普通、多くの人はセミナー参加メモとして、1の「日付・タイトル」と、3の「自由メモ」は書く。けれど、4の自分ならどう実践するか深掘りするとこと、2のその中で「残したいものベスト3」まではやってないんじゃないかなあと思います。「聞くだけ」じゃなく、手と頭を動かして今日の会から何かを持って帰れよ、という気合いを感じる紙です。聞くだけでなく、やってみないと成功も失敗もないしね。

ちなみに、この紙の使い方は佐藤ねじさんの書籍『超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方』を参考にしたそうです。

本、読んでみたい。

学んだこといろいろ

ここからは、箇条書きで行きます。

  • 「自社のフェーズを意識して、今何すべきか考える。先を行く他社をベンチマーク。某社は、あの段階の時はこんな発表してた、など」真似したい。
  • 「Give & Takeじゃなくて、とにかくたくさんGive!記者さんにもたくさん提案するし、サプライズを仕掛ける。」ペイフォワード。
  • 「"美味しい専門店コーヒー用意しました"と言って記者さんを呼んだのに、専門店に来てもらう日にち間違えて失敗。急遽、エンジニアにコーヒー淹れてもらった。けど、それをネタにいじってもらえるならおいしかった。」ちゃんとリカバーしてるし、打たれ強さを尊敬する。
  • 「野球・牡蠣・飯・生首など、自分の好きなものを積極的に発信しとくと、ネタになって向こうから話しかけてもらいやすい」たしかに。私の場合、外から見ると、オウンドメディアやってて、テックとガジェット好きなリモートワークな広報ママなのだろうか。なんかごちゃごちゃしてるな。。。
  • 「他社もよくやってるようなことやるのはNG、違和感を持ってもらう」生首ですね、わかります。
  • 「人脈作りは、自分に足りない部分からどういう人と繋がりたいか考えて、交流会やイベントに顔出してく」いま彼女は、ライター・編集・校閲あたり興味あるらしい。田さん、オウンドメディア勉強会の編集テーマの時、来たら良いと思うよ!
  • 「自分では無く、自分の言葉で会社を売り込む」これについては弊社内に学ぶべき人がいる。自分の言葉でMovable Type やそのコミュニティについて知識と愛が、とても伝わるSNS発信をしている彼女から学ぼう。
  • 「ブログ書いてると良いことメッチャあるよ」そのとおりすぎる。だから、私はシックス・アパートにいるのだ。

14937289_10153817691831899_3157967181688970937_n.jpg

参加直後のメモは、Facebookにも書きました。コメント欄を参照ください。

さいごに

「3つ、持ち帰って実践してみよう!やればわかるさ!」というゴールを与えられたので、たくさんメモして持ち帰った実践アイデアの一つとして、この記事を書きました。あと2つはそのうち仕事の中で出せるといいなとおもいます。田さん、@PRESSさん、会場提供のランサーズさん、ありがとうございました!

田さんのスライド、公開されるのかな。楽しみ。

毎月定額で雑誌読み放題のアプリ「dマガジン」、2周年記念で雑誌だけでなくレシピ本もいくつか読めるようになってました。


レシピ本ラインナップの中には、ずっと読んでみたかったラベットラ落合シェフの本も。

パスタソースはパスタを茹でる前に作ること、パスタのとても詳しい茹で方、そして、パスタの食べ方まで説明してくれている、本の題名に違わぬパーフェクトなパスタ本でした。

mt-20160702233940.jpg

このページはフォークでパスタを綺麗に巻くところまで、この次のページはパスタを口に運ぶところ。おいしく食べるお作法までがこの本の守備範囲のようです。


なんか作ってみようっと。

先日、自転車を買いました。ブリジストンのミニベロ、7段変速でおしゃれなフォルムでよく走ります。休みのたびに遠くのスーパーなどへ、ご機嫌に乗り回しています。

自転車を日常的に乗るのは久しぶりなので、保険があった方がいいかなと思っていろいろ調べた結果、「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)」に加入してみました。自転車屋さんとau保険が作った商品で、必要最小限の補償を必要最小限のコストで提供してくれるところが魅力です。

自転車保険はいろんな種類があるようですが、大きく分けると以下の2つの補償を組み合わせたものだそう。

  • 自分のケガへの保険 (自転車乗車時の事故による入院や傷害を補償など)
  • 他人にケガや損害を与えた場合の保険 (損害賠償責任が生じた場合に補償など)

前者については加入済みの医療保険でなんとかなりそう。 後者の損害賠償責任については、クレカや自動車保険の付帯ですでに加入済みの人もいるようですが、我が家は持っていません。

サイクルパートナーは、270円/月で家族全員に1億円の個人賠償責任の補償があります。賠償事故の範囲は、自転車乗車時に限らず、日常生活全般も対象になるそう。行動範囲が広がってきた小2むすめのためにも、好都合。そして自分のケガへの保険は、自転車乗車時に限るもので、補償金額も少なめです。そこは別の医療保険でまかなうので、ミニマムで十分なのです。

あさひという自転車屋さんの保険なので、店舗でもらったパンフレットがないと加入できないのでご注意を。加入自体は、パンフレットを参照しつつ、ネットで完結します。「店舗情報 | 株式会社あさひ」を見ると、全国429店舗あるとのことで、さっき最寄りの自転車屋さんでパンフもらってきて加入してきました。これで一安心。

2016-07-02_051449000_7BA4C_iOS.jpg

とはいえ、無事に安全に何事もありませんように。

ちなみに、マイチャリはこの子。Mark Rosa mini です。かわゆす。

ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) ミニベロ マークローザ(MarkRosa) mini

昨日、衰えきった英語力を数字で直視するためにTOEICを受けてきた。 TOEIC向けの勉強は一切せず、会場についてから「TOEIC 直前 単語」でググって「芝を刈る」とか「散水する」とかそういう単語を詰め込んでみたら、まんまと出てきた。テスト項目ごとの時間配分も直前にググった内容を参考に進めたら、ぎりぎりだけど最後まで答えきれた。

一夜漬けどころか、直前10分で詰め込んだ小手先テク。

こりゃ「TOEIC攻略」とか言われるわけだと納得した。 TOEICのための英語っていうのがあるのね。 さらにいえば、2時間のテストと往復移動時間も考えると、半日つぶれるのは結構しんどい。 貴重な日曜日にむすめほったらかしにしてしまった。(もちろん、父ちゃんが見てたけど)

となると、私にとっては、今の自分の英語力を直視したい&学習成果のインジケーターが欲しいという目的ならば、他のオンラインテストの方が有用かもしれない。

軽くググったなかでは、GTECがいいかもしんまい。 GTEC(社会人・大学生向け)| 英語コミュニケーション能力を測定するオンラインテスト

オススメあれば教えてくださいませ。

TOEIC受けに行ってきたのだ。集中力持たなかったのだ。でも最後までは何かしら埋めたのだ。

Kaori Kotobukiさん(@kaoritter)が投稿した写真 -

今年もいろいろ良いお買い物ができました! その中でも私や我が家の生活を変えたものを中心にご紹介します。ガジェット多めです。

Pebble Time Red

今年、私のライフスタイルを変えたアイテムNo.1は腕時計型スマートウォッチ、Pebble Timeです。KickStarterで初めて買ったガジェットでした。夫がMorphy Oneでやらかしているので、クラウドファンディングのガジェットには腰が引けていたのですが、Pebbleは初代もKickStarterで資金を集めてきちんとローンチしていたし、製品の評判も悪くなかったので、勇気を出して買ってみました。

感想は、「Pebble Time のおかげで、電話を逃さなくなった。買ってよかった」記事にも書きましたが、電池が数日持つ、防水なのでキッチンでも安心、電話や通知を見逃さないですむ、前後の予定がいつでもわかる、Misfitアプリが動くので運動&睡眠トラッカーになる、現在時刻と天気と日付がいつでもわかる、やろうと思えばテトリスくらいならできる、ニュースも読める、シリコンバンドにベゼルが太く角丸な画面というおもちゃっぽい本体もUIのアニメーションもかわいい、そして常に機械を身に着けているので気分がいい。などなど、お風呂以外の時間はつけっぱなしです。

20150908215640.jpg

MacBook 12インチ GOLD

自分で買ったものではなく、会社から支給された業務用のマシンではありますが、今年の私の相棒として大活躍してくれたという意味で、ランクイン。

ゴールドのMacBook 12インチに付属のAppleステッカーもゴールドだった件」記事でも書いていますね。

USB-Cのみに割り切った接続端子も、慣れれば特に不満はありません。軽いし、画面キレイだし、キータッチも薄いけどしっかりしているし、外部接続はコネクタを持ち歩けばいいだけです(若干やせ我慢)。

来年はまともに使えるWinデバイスも一個欲しいな。

綺麗に使いたいので、このハードシェルケースにいれて持ち歩いています。

QY7

Bluetooth接続のインイヤー型イヤホン。Amazonで2,500円弱というお値段も魅力の一つ。耳に合わせるためのパーツが豊富で、ピッタリ合わせられるので、長くつけていても耳が痛くなりません。

こんな形状になっています。

最近のiPhoneはイヤホンジャックが左下にあるため、ジャックにささっていると左手でスマホを持つわたしの手にはとても邪魔なのです。が、このQY7なら、Bluetooth接続のためイヤホンジャックを使いません。スマホを手で持つ時もがっちりホールドできるし、鞄に突っ込んどいてもいいし、家事をしながらのときはテーブルとかに置いとけばいい。楽ちんです。

これのおかげでPodcastを聞く時間がさらに増えました。たとえば、満員電車内、料理中、お布団の中なども。

ニトリの電気ケトル

電気ケトルもポットも持っていなかったため、今まではずっとやかんでお湯を沸かしておりました。そのためお茶を飲む機会もそんなに多くなく、冷たい飲み物ばかり飲んでいました。

ですが、もういい年だし、冷え性だし、体温めていこうと思って、意を決して(置き場を確保するという意味で)電気ケトルを買ってみたら大正解。お茶を飲む機会が増えました。ティーパックのほうじ茶か玄米茶かハーブティーを飲んでいます。インスタントフード(アマノフーズのお味噌汁はおいしい!)にお湯を入れる時も便利。いつでもお湯が使える生活っていいね。

ニトリのケトルのいいところは、ベース部分と電気ケトル本体が一体型のデザインで、セットした時の見た目がすっきりしていること。電気ケトルの代名詞みたいなメーカーのは、ソーサーみたいにベース部分がはみ出ているデザインが気に入らなかったのです。。

電気ケトル(ラマーレ 2SN-3228WH)

スプラトゥーン

マンメンミ(挨拶)!わたしがというよりも、むすめがめちゃくちゃハマっています。インクを撃ちあって色を塗り、陣地を増やす縄張り確保ゲーム、スプラトゥーン。小1でウデマエBクラス安定で、もう母ちゃんは勝てる自信がありません。

ステージや武器の追加、ゲーム内イベントであるフェス開催などアップデートも多く、飽きずに楽しんでいるようです。キャラクターも世界観もかわいいし、殺伐としていないので、こどもがやっていても安心なところも良いです。むすめは毎日毎日、YouTubeのお手本動画みながらキーボードでシオカラ節弾いてます。

BIC SIM

スマホ本体の割賦金とあわせて、3大キャリアのどれかに毎月8000円近く払い続ける生活に疲れました。iPhone6S SIMフリーモデルを買って、格安SIMに切り替えたことで、月5GB以上使うヘビーユーザの私も、電話番号そのままで毎月2-3000円くらいの通信料になりました。

ビックカメラ | BIC SIM(ビックシム)

AnkerのケーブルやUSB急速充電器やモバイルバッテリー

Ankerという周辺機器メーカーの信頼性が高いと聞いて、いろいろ一気に買い換えました。

今使っているのは、Lightningケーブル。

モバイルバッテリー。

そして、5ポート急速充電器。2ポートのも持っています。これとUSB-Cケーブルで、MacBookへの給電も可能です。旅行の時もこれひとつでほとんどの機械の充電がまかなえるのでとても便利です。

邪悪なハンコ屋しにものぐるいのはんこ

小学生ママになって増えた毎朝のタスクは、学校と学童の連絡帳や宿題やその他いろんなものへ確認サインをする作業。毎日数カ所にサイン書くなら、はんこにしてしまえ!と、むすめが大好きな黒猫デザインのかわいい専用はんこを買いました。もう数百回は押しています。ひとつで十分とわかっていつつも、もう一個違うデザインのもほしい。

#しにものぐるい のはんこ、ついに我が家にも届いたわよー!」ノート参照。

邪悪なハンコ屋 しにものぐるい オリジナルハンコ、認め印通販

goen planetplanetのゴールドなお財布

以前買った財布がボロボロになっているにもかかわらず、いいものに出会えず一年半くらい探し続けてやっと出会えました。条件は、ゴールド、長財布、札入れも小銭入れも2つに仕切られている、カード入れが多い、切手やクーポンや領収書など紙切れを入れられるジッパーつきのポケットがある、小銭入れが外側にあって財布を開かずともアクセスできる、かわいいことなどでした。森本千絵さんデザインの財布は条件にぴったりでした。

フラップのイラスト部分もかわいいし、中身もすごく使いやすくて愛用しています。

詳しくは、「ふくろうにゴールド。これでもかという金運アップデザイン。派手で可愛くて見るたびテンションあがりそう!!」ノート参照

手ぬぐいたくさん

今年のマイブームは、手ぬぐいでした。

きっかけは落語漫画。4kさんから、彼が主催する会「シェアする落語」や落語漫画「昭和元禄落語心中」について教えていただき、一晩で漫画を読み終え、落語といえば欠かせない小道具である手ぬぐいに興味を持ち、濱文様の手ぬぐいを試しに1枚買ってみたところから、転がり落ちるように手ぬぐいに心を奪われてしまったのでした。

かまわぬ、濱文様、kenema、JIKAN STYLE、永楽屋といったブランド手ぬぐいやノーブランドのお安い手ぬぐいを買いあつめ、あっという間に14,5枚ほどになりました。その手ぬぐいを、日々いろんなことに活用しています。タペストリーとして、ハンカチとして、キッチンのおてふきとして、お風呂やプールあがりに娘の頭を巻く、カメラなど機械を包む、枕カバーにする、お風呂場に持ち込んで半身浴読書中の汗を拭う、体を洗う拭くなど。大判で(フェイスタオルくらい)軽く薄手の布地は万能です。

毎日、家族で数枚の手ぬぐいを使い、洗い、ほつれた部分をハサミで切って、丁寧にたたみ、手ぬぐい入れにしまいと、ちゃんと使い込んでくったりやわらかい手ぬぐいに育つよう日々手をかけています。突如目覚めた私の手ぬぐい愛に、家族は若干引いてます。

Amazonで買える手ぬぐいなら、レトロ小紋シリーズがおすすめ。百円ショップのてぬぐいはいつまで使ってもごわごわ固いままですが、こちらは布の質が良いのか、使い込んでいくとやわらかくしなやかになっていきます。ブランド手ぬぐいはだいたい1000円前後〜というお値段ですが、こちらはその半額だけど良い品質です。かわいいし。

来年ほしいもの

惜しくもトップ10に漏れた、生活を変えたアイテムはMAKITAの掃除機と、Kindle paperwhiteでした。前者は掃除が気軽にしやすくなった、で、後者はバックライトのおかげで本がいつでも読める、です。Kindle PWは防水版待ってる。

さて、最後に、来年欲しいものを書いておきます。

  • Adobe Revel の代わりの写真ストレージ
  • 定期と鍵を小物を入れられる、マルチなキーケース

どちらも探し続けているのですが、これってものがみつかりません。来年も物欲道は続きそうです。